Eco-Habitat 関西学院

居住問題に取り組む世界的なNGO(非政府組織)「Habitat for Humanity International」は、

1996年10月、日本に"キャンパスチャプター(学生支部)"を持つようになりました。

その始まりが、関西学院大学神戸三田キャンパスに設立された「Eco-Habitat関西学院」です。

 

現在では関西大学や同志社大学、関東圏の明治学院大学や青山学院大学にも私達と同様の

学生支部が設けられ、同じく貧困問題解決に住居問題からアプローチし、活動しています。

また日本に点在する学生支部を総括する位置づけとして、Habitat For Humanity Japan

東京にオフィスを構えています。

 

私たち「Eco-Habitat関西学院」は、主に東南アジアの各地域で、

劣悪な住環境に置かれている方々のために、家建築のお手伝いを行っています。

同時に、ホームステイや文化交流などを通じて現地の方々と交流も図っています。

その経験から学んだことを活かし、日本国内では募金活動や、教会・学校などでの講演会などを

行っています。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now